釣りざんまい - 釣り情報ブログ

釣りをするのも好き、釣りデザインTシャツ作るのも好き、そんな釣りバカより釣りに関する情報発信ブログ。

ルアー・ワーム ブラックバス

オープンウォーターからカバーまで攻略の表層系ルアー「Walking Shrimp(ウォーキングシュリンプ)」が気になる件

2017/04/29


出典:Berkley(バークレー)

Berkley(バークレイ)より発売される、オープンウォーターからカバーまで攻略できるトップウォータールアー「Walking Shrimp(ウォーキングシュリンプ)」の情報をキャッチ!

スポンサーリンク

Walking Shrimp(ウォーキングシュリンプ)

ウォーキングシュリンプという名前だけあって、見た目はエビ。そうエビちゃん。

そんなエビちゃん(おいおい)の特長は、下記説明文のとおりである。

【特長】
前方重心とボディのくびれが水を受け流し、アームとヒゲがほど良く移動距離を抑える事で、ショートピッチの連続ドッグウォークが可能。スカートとは一味違う、アームとヒゲのアクションは、エビやカエルの生命感を演出しつつ、落水昆虫の触覚・手足もイミテート。

出典:Berkley(バークレー)

ふむふむ。たしかに、エビにも見えればカエルにも見えるし、昆虫にも見えるといえば見えます。

とはいえ、トップウォータールアーと言われると、「え?表層系なの??」と驚くかもかも。

あと、誰でも簡単にドッグウォーク!って謳ってるけど、実際どうなんだろ?

うーん、いろいろと気になる気になる。

 

ワカボンド
ちなみに発売は、2017年4月発売予定だそうですよー。

 

実は、決して悩ましいとは言えないボディが、バスにとってはたまらないのかもしれませんね。

 

Walking Shrimp(ウォーキングシュリンプ) 動画

ちょっと動画が確認しにくいが、左右にクイックイッとドッグウォークしてますね。

おすすめトピック

-ルアー・ワーム, ブラックバス
-, , , ,