釣りざんまい - 釣り情報ブログ

釣りをするのも好き、釣りデザインTシャツ作るのも好き、そんな釣りバカより釣りに関する情報発信ブログ。

なんだか気になんだか

釣り人興味津々!iPhone7の耐水性能「IP67」が気になる件

とうとう、iPhoneの最新モデル「iPhone7 / 7Plus」が出ましたね。

新しくなって何が変わったのか?といろいろ気になる点はあるけれど、iPhoneユーザーでもある釣り人のワタシとしては、発売前から噂になっていた初搭載の「耐水性能」が気になってたのでピックアップ。

スポンサーリンク

iPhone7に初搭載の「耐水性能」

iPhone7

ってか、「防水機能」かと思ってたんですけど、「耐水性能」だったのですね。

防水は「水がしみこむのを防ぐこと」で、耐水は「水がしみ通らないこと」と、
なんだか同じ意味のような、同じ意味じゃないようなと正直分かりにくい。

とりあえず、iPhone7の公式サイトで記載されてる下記説明内容を見てみると・・・

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。

出典:iPhone 7 - 仕様 - Apple(日本)

なるほど、IP67等級に適合しているんですね・・・って、IP67等級とはなんでしょ?

IP67等級に適合とは?

まず「IP」は「International Protection」の略で、防水や防塵の程度についての等級を示し、そのIPの後に続く数字が等級の度合いを表すようです。
それを踏まえた上で、こちらのサイトで表記されてる「保護等級」で見ると以下のようになります。

防塵性能6等級

耐塵形。粉塵が内部に侵入しない。

耐水性能7等級

水中への浸漬に対する保護。規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響をうけない。

ふむふむ・・・
粉塵から守られる密閉性があり、水中に落とした程度では問題ないといったトコでしょうか。
とはいえ、耐水性能があるが完全ではないことに気をつけないといけません。

液体による損傷は保証の対象外

防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

出典:iPhone 7 - 仕様 - Apple(日本)

上記記載に、「液体による損傷は保証の対象になりません。」とあります。

水没などにより壊してしまった場合は、結局自腹での修理になるということなので、
どちらにしろ、防水対策はしておいた方がよいということなんだなと思いました。

おすすめトピック

-なんだか気になんだか
-, , ,